企業の成長を応援する情報メディア りそなCollaborare

Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserved.

社長として成長する

お客さま第一を徹底する~小宮一慶の社長コラム

日本情報マート

2017.10.02

 ビジネスを成功させたいなら、経営者は社内でお客さま第一を徹底することがとても大切ですが、放っておくと会社は、お客さまよりも自分たちの都合を優先する「内部志向」に陥ります。さらに問題なのは、自社が「内部志向」になっていることに気づいていない場合も少なくないことです……。

1 小さなことからも垣間見える「内部優先」

 小さなことからも、お客さま第一か内部志向かを垣間見ることができます。以前、「研修中」と書かれた若葉マークのワッペンをつけさせて、新人に接客のトレーニングをさせているファミリーレストランを見たことがあります。これでは、お客さまも気を遣いますし、場合によっては、「新人なので許してほしい」というようにも受け取れます。

 「なぜ、そんなことをしているの?」と私が尋ねたところ、社員から返ってきた答えは、「新人なので、周りにいるスタッフがすぐにフォローできるようにするためです」というものでした。

 これは、単なる理屈でしょう。新人のフォローが目的なら、お客さまには分からないように小さなリボンでもつけて目印にすればいいだけの話です。どうして、「社内の事情」をわざわざお客さまに知らせる必要があるのでしょうか。新人だとお客さまが分かることは、お客さまにも気を遣わせることになりかねません。新人だから料金を安くしてくれるのならまだしも、お客さまに迷惑をかけたり、気を遣わせたりするのは間違いです。

 こんなこともありました。時々利用するある宿泊施設で、目覚まし時計の“カチカチ音”がうるさいので、音のしないデジタル時計などに換えたらどうかと担当者に提案しました。翌年同じ宿泊施設に泊まったら、時計がなくなっていました。担当者に理由を尋ねると「今は、皆さんが携帯を持っていますから」と言われました。

 つまりは、面倒の種を消してしまったのでしょう。お客さまからすれば、目覚まし時計があったほうが便利なのは言うまでもありません。内部のことだけを考えると、面倒の種をなくすという発想になってしまうのです。

2 お客さま第一がビジネス成功の根本

 多くの会社を見てきましたが、小さな会社を大きく成長させた社長たちは、例外なくお客さま第一を徹底した人たちです。お客さまに良い商品やサービスを提供することなしにビジネスが成功しないことは子供でも分かることですが、経営者が率先してお客さま第一をやろうとしない限り、人は弱いもので、どうしても内部を優先しがちです。

 繰り返しになりますが、お客さま第一というネジを巻き続けない限り、社内は内部志向になっていくと思って間違いありません。一旦お客さま第一になっても、すぐに元に戻ります。人は易きに流れるのです。しかし、お客さまは敏感です。そのような内部志向の会社からは、お客さまが遠ざかり、業績が低迷するものです。

 内部志向の会社は、先の例にあるようにお客さまの都合より、自分たちの都合を優先しがちです。経営者や社員優先、そして、その状態がひどくなって、自分たちだけが金儲けができればそれでいいというような極端な内部志向になると、どんな手を使ってでも儲けようとして、不祥事まで起こしてしまいます。

 そこまでひどくなくとも、内部志向の状態がずっと続くと、お客さまのことはないがしろになり、事なかれ主義でどんよりした社風の組織となってしまいます。反応が遅く、お客さまのことなど二の次ということにもなりかねません。

 「内部志向」の反対は、「外部志向」です。「お客さま第一」を貫いている会社です。ピーター・ドラッカーが言うまでもなく、企業の価値というのは、企業外部から見た価値が第一義なのです。

3 お客さま第一の会社の特徴

 お客さま第一の会社に行くと、すぐ分かる特徴があります。それは働く人の表情が明るいことです。さらには、玄関などで行き先が分からず困っていると、だれかれとなく「お伺いしていますか?」などと声をかけてくれます。

 お客さま第一の会社では、やはりお客さまから喜ばれることが多く、そのことが働き甲斐となり、社員同士も切磋琢磨しながら働いているので、みんなの表情はイキイキとしているのです。

 一方、内部志向の会社は、会社は自分たちのためにあり面倒を避けたいと思っています。玄関などで行き先が分からず困っていても、うっとうしげな顔をして、見て見ぬふりをされることさえあります。

 「お客さまを無視しない」というのは基本中の基本ですが、お客さまの存在や意見を無視しても何とも思わないのです。無関心なのです。お客さまや外部に対する関心や、感謝の気持ちが弱いのです。

 お客さま第一の会社を作るには、まず「行動」から変えることですが、このことは、次回に説明しましょう。

以上

※上記内容は、本文中に特別な断りがない限り、2017年9月20日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

※上記内容は、株式会社日本情報マートまたは執筆者が作成したものであり、りそな銀行の見解を示しているものではございません。上記内容に関するお問い合わせなどは、お手数ですが下記の電子メールアドレスあてにご連絡をお願いいたします。

【電子メールでのお問い合わせ先】 inquiry01@jim.jp

(株式会社日本情報マートが、皆様からのお問い合わせを承ります。なお、株式会社日本情報マートの会社概要は、ウェブサイト http://www.jim.jp/company/をご覧ください)

執筆:経営コンサルタント 小宮一慶 株式会社小宮コンサルタンツ代表取締役。社外取締役や監査役、顧問も務める。大阪府堺市生まれ、京都大学法学部卒業。東京銀行入行。米国ダートマス大学タック経営大学院に留学、MBA取得。岡本アソシエイツ、日本福祉サービス(現セントケア)を経て、1996年2月小宮コンサルタンツ創業。名古屋大学客員教授。講演、新聞・雑誌への執筆、テレビ出演などで活躍中。著書130冊超。「ビジネスマンに役立つ!「論語」最強の活用法」「みんながまだ気づいていない これから伸びる企業77」「経営者の教科書」「図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書」など。

RECOMMENDATION

オススメの記事