企業の成長を応援する情報メディア りそなCollaborare

Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserved.

社長として成長する

企業の方向づけを行う「正しい努力」~小宮一慶の社長コラム 

日本情報マート

2018.10.23

 以前、経営とは(1)企業の方向づけ、(2)資源の最適配分、(3)人を動かす、の3つだと説明しました。そして、その中で最も重要なのは、方向づけです。企業が「何をやるか、やめるか」を決めることです。方向が明確に定まっていなければ、どんなに働く人が頑張ってもどうにもなりません。今回は、その最も重要な「方向づけ」を行う能力をどのように高めるかということをお話します。

1 経営で最も重要なことは「方向づけ」

 「方向づけを正しく行う」。言うのは簡単ですが、実行するのは難しいものです。「方向づけ」とは戦略と言い換えてもいいと思います。それを正しく行うためには、まず、(1)企業として目指すべき、あるいは企業の存在意義である「ビジョン」をベースに、(2)企業がコントロールできない「外部環境」、そして(3)企業の「内部環境」を分析することが必要です。その上で、自社の強みを活かし、他社との違いを明確に出せる市場を決め、製品やサービスを提供しなければなりません。

 その際に、「外部環境」の状況や変化を読み取ることが何よりも大切です。「会社」という字は興味深いことに「社会」という字の反対です。どんなに大きな会社でも社会の流れに勝てる会社はありません。自社や自社が属する業界を取り巻く環境を、短期的、中長期的にも読み解いていかなければならないのです。

 もちろん、未来はだれにも分かりません。しかし、その分からない未来を、少しでも確率を高めて読み解く必要があるのです。その能力を高めるのにとても有効な手段の1つは、新聞を読むことだと私は思っています。

2 社会の関心を自分の関心に合わせる訓練

 多くの皆さんが、毎日新聞を読んでいることでしょう。では、新聞を「経営者的に」読んでいる人はどれだけいるでしょうか。経営者的に読むというのは、社会の流れを読み解くように読むということです。

 最良の方法は、新聞の1面トップ記事を毎日読むことです。新聞の1面トップ記事は、新聞社が読者に最も知らせたい重要な記事になります。そのため、自分の関心の高さにかかわらず、多くの人が関心を寄せていると考えられます。そうした情報を毎日収集するのです。これは、いわば「社会の関心を自分の関心に合わせる訓練」ともいえるでしょう。そうして考えると、見出しだけで読む記事を決めている人は、経営者的な読み方ができていないのかもしれません。

 忙しい時は、「リード文」を読むだけでも良いでしょう。リード文とは、記事の最初にある4~5行のことで、ここに記事の内容がまとめられていることが多いものです。リード文のない1面トップ記事もありますが、その場合には、最初の数段落を読むと良いでしょう。こういう読み方を3カ月も続けていると、世の中の流れがだいぶつかめるようになってきます。

3 関心のないものは何度見ても見えない

 人間は関心のないものは目に入りません。以前、私が『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の冒頭で書いた話ですが、セブン‐イレブンのロゴが「7-ELEVEn」というように最後の「n」だけ小文字であることをご存じでしょうか。

 多くの皆さんはこのロゴを何度も見たことがあると思います。しかし、ロゴの最後の「n」が小文字であることに気づいている人は、かなり少ないと思います。関心のないものは見えないのです。しかし、元々は関心の低い記事でも、それらを毎日読んでいるうちに、興味がわいてきます。そうすれば「関心のフック」ができて、さらに新しい情報がそのフックにひっかかるようになり、自分の頭の中のデータベースが拡充していくのです。これは、別に新聞記事に限ったことではありません。

 「メモする」ことも大切です。皆さんは、1週間前に食べた夕飯の献立を覚えていますか? これと同じように、以前に読んだ新聞記事の内容を覚えておくのは難しいことです。それを補助するのがメモです。毎日、新聞を読んで気づいたことや関心を持ったことを、短い言葉だけでもいいので、手帳などにメモしてください。私の場合は数字が多いです。それを、仕事の空き時間などに、ときどき見返します。そうすると、自身の脳のデータベースが活性化するのです。

 最後にもう1つ、素直さもとても大切です。バイアスがかかっていると、物事を正しく見ることができません。特に、自分の考えを補強する情報だけに注目してしまう「確証バイアス」には注意が必要です。素直に謙虚に物事を見る。このことを、是非、心掛けてください。

以上

※上記内容は、本文中に特別な断りがない限り、2018年10月23日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

※上記内容は、株式会社日本情報マートまたは執筆者が作成したものであり、りそな銀行の見解を示しているものではございません。上記内容に関するお問い合わせなどは、お手数ですが下記の電子メールアドレスあてにご連絡をお願いいたします。

【電子メールでのお問い合わせ先】 inquiry01@jim.jp

(株式会社日本情報マートが、皆様からのお問い合わせを承ります。なお、株式会社日本情報マートの会社概要は、ウェブサイト http://www.jim.jp/company/をご覧ください)

執筆:経営コンサルタント 小宮一慶
株式会社小宮コンサルタンツ代表取締役。社外取締役や監査役、顧問も務める。大阪府堺市生まれ、京都大学法学部卒業。東京銀行入行。米国ダートマス大学タック経営大学院に留学、MBA取得。岡本アソシエイツ、日本福祉サービス(現セントケア)を経て、1996年2月小宮コンサルタンツ創業。名古屋大学客員教授。講演、新聞・雑誌への執筆、テレビ出演などで活躍中。著書130冊超。「ビジネスマンに役立つ!「論語」最強の活用法」「みんながまだ気づいていない これから伸びる企業77」「経営者の教科書」「図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書」など。

RECOMMENDATION

オススメの記事