企業の成長を応援する情報メディア りそなCollaborare

Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserved.

社長として成長する

第9回 コーワーキングスペース利用の3つのベネフィット/イノベーションフォレスト(イノベーションの森)

日本情報マート

2019.07.23

 皆さま、こんにちは。いつも私のコラム「イノベーションフォレスト」を読んでくださり、SNSでシェアしていただき、愛りがとうございます(愛+ありがとう)。また、最近スタートした「イノベーションフィロソフィー」という新企画では、起業家をはじめ、イノベーションを起こしている方々と対談をさせていただいております。ぜひそちらもご拝読くださいませ。

 さて、世界一のイノベーションの聖地であるシリコンバレーや世界中の大都市だけではなく、アントレプレナー・エコシステム(EE)が、エンジニアが多い地域にも急速な勢いでできてきています。日本でも急展開しているWeWorkなどのコーワーキングスペースは、世界中にも同じようにたくさんできており、そこには、フリーランスやスタートアップだけではなく、大企業のオープンイノベーション担当者、新規事業開発者の方々も入居しています。

 特にサンフランシスコやシリコンバレーなどのコーワーキングスペースなどを訪れると、世界のビッグフォーなどの公認会計事務所や、著名ベンチャーキャピタルファームなども入居しています。日本人から見ればあり得ない環境で世界の人々が働いていると、カルチャーショックを受けるかもしれません。また、そこでは、ライバルと思っていた企業の社員たちが同じ食堂でランチをしていたりします。

 コーワーキングスペースで働くベネフィットは、私が考えるに3つあります(まだまだたくさんあると思いますが、今日は3つ書かせていただきます)。

1 自分と違う会社や業種の方々と知り合える可能性が高まる

 通常の会社員なら、自分の家と会社の往復になり、決まった人としか仕事をしないことが多いでしょう。しかし、コーワーキングスペースで働いていれば、自由に出入りが可能なところも多いため、知らない人と出会える可能性が高まります。

 実際に、コーワーキング(一緒に働く)までいかなくても、カフェスペースや休憩室などで、こちらから思い切って話しかけてみれば、違う会社の人とも知り合えるでしょう。ぜひ、自分からご挨拶してみてはいかがでしょうか。すぐにビジネスにつながるかどうかを考えるよりも、一言ご挨拶をしたら、まずは新たな出会いを楽しみましょう。この出会いが、いつかあなたの人生を変えるかもしれません。すてきな出会いがあることを願っております。

2 自分が普段行くイベント以外のイベントに参加できる

 通常なら自分の仕事と関係があるイベントや学会しか参加しないと思います。しかし、コーワーキングスペースでは、毎日のように誰かがイベントを主催しているので、Facebookのイベントページなどで行きたいイベントをチェックしていなくても、急にその場で、面白いイベントに出会えて参加できる可能性が高まります。

 私がco-chapter directorを務めるStartup Grind Tokyoも、渋谷のPlug and Playで毎月イベントを開催しています。自分が普段行かないイベントに参加して、新しい刺激や出会いを得ることは、ビジネスだけではなく、人生にとっても新しいインスピレーションになると思います。

3 イノベーションを起こす仲間ができる

 新しもの好きや、言ってみれば社内では変わり者と思われている存在の方々が、コーワーキングスペースに入居したり、イベントに来ていたりします。何かやらかしてみたい、世界を変えたいなど熱く高い志を持っている方もいらっしゃるでしょう。そのような方々と交流することで、同じ志を持つ仲間を見つけることができるかもしれません。

 以前、テキサスのCapital Factoryという巨大インキュベーターの中にあるコーワーキングスペースを見学させていただいたときに、床に、某大手の飛行機会社やIT企業のロゴがありました。壁にはオバマ前大統領がそこを訪れた写真とサインがありました。

 今、日本でも起業家の応援を投資家、弁護士、会計士だけではなく、政治家も行ってくださる状況になってきてうれしい限りですし、コーワーキングスペースに行けば、日本を良くするイノベーションを起こしたい人々が増えてきていると感じています。それが世界をより良くすることにもつながると思います。

 皆さまと世界のどこかで、また日本のコーワーキングスペースでお会いできることを楽しみにしております。

 いつも愛りがとうございます。森若幸次郎ことジョンがお届けいたしました。

以上

※上記内容は、本文中に特別な断りがない限り、2019年7月23日時点のものであり、将来変更される可能性があります。

※上記内容は、株式会社日本情報マートまたは執筆者が作成したものであり、りそな銀行の見解を示しているものではございません。上記内容に関するお問い合わせなどは、お手数ですが下記の電子メールアドレスあてにご連絡をお願いいたします。

【電子メールでのお問い合わせ先】 inquiry01@jim.jp

(株式会社日本情報マートが、皆様からのお問い合わせを承ります。なお、株式会社日本情報マートの会社概要は、ウェブサイト http://www.jim.jp/company/をご覧ください)

執筆:森若幸次郎 / John Kojiro Moriwaka
シリコンバレーと日本をつなぐイノベーションプロバイダー兼イノベーションフィロソファー、講演家。
オーストラリアで7年半の単身留学を経て、2010年8月家業である株式会社モリワカの専務取締役に就任。2014年4月イノベーション事業部を設立し、CIOに就任後、病院と大学との連携で医療機器開発を開始。
2015年11月株式会社シリコンバレーベンチャーズを創業し、代表取締役兼CEOに就任。国内外のスタートアップ、中小、大企業向けに経営アドバイス、学術研究都市にオープンイノベーションのアドバイス、大学や高専にてアントレプレナーシップ教育、シリコンバレーの現地ツアーなどサポートを行う。
シリコンバレーにてスタートアップワールドカップのアンバサダー、全米1位のライフサイエンスに投資をするエンジェル投資協会のメンバー、アルケミストアクセラレーターのメンターも務める。
2018年3月シリコンバレーにてStartupFire Inc.を設立し、CEOに就任。シリコンバレー、日本各地で「#StartupFire」というスタートアップを支援し、イノベーションを起こす目的のイベントを運営。
2019年1月和光市にて、Angel Acceleratorを設立し、起業を目指す大学生、スタートアップCEO、大企業のオープンイノベーション事業部の受講生向けに、アントレプレナーシップ教育を開始。
2019年1月東京にて、GoogleがスポンサーであるStartup Grind TokyoのCo-chapter directorに就任。Startup Grindは、シリコンバレー発のイベントで、世界120カ国、350都市、100万人の起業家をつないでいる。東京では渋谷PnPで Startup GRIND TOKYOのFireside Chatを毎月開催。
2019年1月シリコンバレーにて、YuzuVision Inc.を設立し、CEOに就任し、5月ルクセンブルクにて当スタートアップがアクセラレーターブートキャンプに採択され受講。
ハーバードビジネススクールPLD(リーダーシップ開発プログラム)修了、スタンフォード大学経営大学院にてM&A、シリコンバレーのBlackbox(アクセラレーター)受講、スタンフォード大学の夜間やハス・ビジネススクール(UCバークレー)でベンチャーキャピタル、Yコンビネーターでエンジェル投資を学ぶ。
コラムニストとして、りそコラで「イノベーションフィロソフィー」対談をしている。

RECOMMENDATION

オススメの記事