りそなCollaborare連載・損金特集

りそなCollaborare 「損金」特集ページ

損金とは何なのか?
税金対策の全体像から見る「損金」の考え方と、
それぞれの科目ごとの留意点を解説します。

連載記事一覧

  • 第1回税金対策の入り口 損金の考え方

    税金対策の入り口、損金の考え方

    税金対策を検討する際に重要な損金について、法人税の計算にどのように影響するのか、会計上の費用との違いを解説します。

    この記事を読む ▶

  • 第2回福利厚生費に関する税務上の留意点

    経費に関する税務上の留意点~福利厚生費編~

    新年会・忘年会などの飲み代、従業員等の冠婚葬祭時の慶弔金など、具体例を挙げて、どのような福利厚生費が損金にできるのかを解説します。

    この記事を読む ▶

  • 第3回どのような交際費・会議費なら損金として認められやすいのか?

    どのような交際費・会議費が損金として認められやすい?

    判断フローに加え、取引先への手土産代などの具体例を挙げて、どのような交際費や会議費が損金にできるのかを解説。

    この記事を読む ▶

  • 第4回損金の計算で重要な「減価償却」の基礎知識

    損金の計算で重要な「減価償却」の基礎知識

    消耗品費などとして全額を損金に算入するケースと、減価償却費として損金に算入するケースについて、具体的な取り扱いや判断基準などを解説。

    この記事を読む ▶

  • 第5回役員報酬を損金に算入するための基本的なルール

    税金対策の入り口、損金の考え方

    従業員給与と違い、税務上さまざまなルールがある役員報酬について、損金算入できる役員報酬のルールや、金額を決める際の留意点などを解説。

    この記事を読む ▶

  • 第6回営業活動に係る交通費や食事代は損金に算入できるか?

    営業活動に係る交通費や食事代は損金に算入できる?

    旅費交通費など、日々の営業活動で発生する支出や費用に関する損金算入の判断フローや、実務上判断に迷いやすい科目選びの基準などを解説。

    この記事を読む ▶

  • 第7回固定資産の評価損を損金に算入できるケースとは?

    固定資産の評価損を損金に算入できるケースとは?

    損金算入の判断が難しい固定資産と棚卸資産の評価損。評価損に関する税務上のルールや、実務上の留意点を解説。

    この記事を読む ▶